「家賃の支払いも難しくなって…」コロナ禍でも“歌舞伎町の路上に立つ”女性たちのホンネ - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


NO.9383837
「家賃の支払いも難しくなって…」コロナ禍でも“歌舞伎町の路上に立つ”女性たちのホンネ
「家賃の支払いも難しくなって…」コロナ禍でも“歌舞伎町の路上に立つ”女性たちのホンネ
性風俗の世界で働く女性の無料生活・法律相談窓口「風テラス」には、昨年、2929人もの相談者が殺到したという。様々な業界に甚大な影響を与え続けているコロナ禍は、いわゆる“夜の世界”で生きている女性たちの生活も一変させた。

「風テラス」の発起人・坂爪真吾氏による『 性風俗サバイバル ――夜の世界の緊急事態 』(ちくま新書)には、その生々しい現場の実態がまとめられている。同書より「第四章 歌舞伎町に立つ」の一部を特別に掲載する。

■緊急事態宣言下でも、路上に立ち続ける女性たち
新宿・歌舞伎町の一角には、「立ちんぼ」や「街娼」と呼ばれる、路上で売春の客待ちをする女性たちの集まるエリアがある。2020年4月に緊急事態宣言が発出された直後も、そのエリアには客待ちをする女性たちが立ち続けていた。

路上での客待ちや勧誘は、売春防止法第5条で禁止されている、れっきとした違法行為である。悪意のある客から性暴力やストーカー、盗撮や盗難の被害に遭うリスクも大きい。性風俗店に在籍して働くことに比べると、安全面でも収入面でも、路上に立つメリットはほとんどないように思われる。

なぜ彼女たちは、コロナの渦中に歌舞伎町の路上に立つという選択をしたのか。そして、路上に立ち続ける彼女たちを公助につなげるために必要な支援の在り方とは何か。緊急事態宣言下の歌舞伎町で夜回りを実施していた数少ない支援者の一人である、NPO法人レスキュー・ハブの坂本新(あらた)さんにお話を伺った。



【日時】2021年04月08日 17:12
【ソース】文春オンライン








#12 [匿名さん] :2021/04/09 01:19

>>0
歌舞伎町って凄いね。この写真だって左下にワイシャツ一枚で下半身スッポンポン女子いるし


#6 [匿名さん] :2021/04/09 00:50

ぶっちゃけ*嬢って絶え間なく地方に出稼ぎに行って寮生活してれば家無くても生きていけるんじゃないだろうか?


#7 [匿名さん] :2021/04/09 00:51

>>6
全国行脚の売春婦は皆車上生活